Event is FINISHED

16th DARS in OSAKA

Description

16th DARS in OSAKA

2017年1月7日(土)・8日(日)
会場:マイドームおおさか
大阪市中央区本町橋2番5号
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅の12番・17番出口から 徒歩6分


参加申し込みサイト:http://dars16.peatix.com/

参加費:一般5,000円/学生・大学院生2,500円
1日参加:一般3,000円/学生・大学院生1,500円


16th DARS in OSAKA
薬物依存者回復支援セミナー
アディクション・トランス・アドボカシー

多様な嗜癖・嗜虐行為からの回復支援の未来予想図
〜オランダ・スペイン・ポルトガル〜

DARSの薬物依存回復支援者養成研修も、今回で16回になります。北は北海道から、南は沖縄。さらには、韓国ソウルまで。みなさんといっしょに、アディクションとは何か? 回復のためにはどうすれば良いのか、を考えてきました。その成果は、国内の学会だけでなく、ヨーロッパやアジアの学会でも発表してきました。 さて、今回は、ヨーロッパで先進的な薬物政策を導入し、高い評価を得ているスペイン、ポルトガル、オランダなどのバーム・リダクション政策について、考えてみたいと思います。現地での実践や調査を踏まえ、この政策についての正しい知識と理解を共有しましょう。

7日 10:30~
挨拶・趣旨説明                 
石塚伸一:龍谷大学
「オランダの実践にみるハーム・リダクションと回復支援」
徐淑子:新潟県立看護大学
「処罰ではなく、支援を〜薬物使用をめぐる国際的な動向から学ぶ~」
古藤吾郎:NPO法人APARI

7日 13:30~
「『人』に焦点を当てるスペインのプロジェクト・オンブレ」
近藤京子:アスク・ヒューマン・ケア
「薬物依存者の『生きる』を支援する(1)~ポルトガルと日本の決定的な違い~」
市川岳仁:NPO法人三重DARC
「アメリカの薬物政策の『これまで』と『これから』」
丸山泰弘:立正大学
「薬物を使いながら、やめていくということ」
倉田めば:FREEDOM

フロアとのディスカッション

閉会 17:00

懇親会
________________________________________

8日 10:00~
「アディクションは孤立の病」
加藤武士:NPO法人APARI 木津川ダルク
「刑の一部執行猶予に期待すること」
尾田真言:NPO法人APARI
「厳罰主義からの転換~弁護士の視点~」
高橋洋平:高橋洋平法律事務所

8日 13:30~
「薬物依存者の「生きる」を支援する(2)~依存症ではなく、生きることの支援へ~」
市川岳仁:NPO法人三重DARC 
「アディクション概念の再考」
西村直之:NPO法人リカバリーサポートネッ トワーク 
「DARSが歩けばアジアが変わる」
近藤恒夫:NPO法人日本DARC
まとめ
石塚伸一:龍谷大学

閉会 16:30

主催:DARS(Drug Addicts Recovery Supports)
共催:科学技術振興機構 RISTEX「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」研究開発事業「多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワーク」(ATA-net)
後援:龍谷大学・矯正保護総合センター刑事法未来PJ
お問い合わせ:NPO法人アパリ木津川ダルク
TEL&FAX:0774-51-6597
E-mail:kizugawa.darc@gmail.com


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-12-27 07:14:58
More updates
Jan 7 - Jan 8, 2017
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 両日券 ¥5,000
一般 7日のみ ¥3,000
一般 8日のみ ¥3,000
学生・大学院生 両日券 ¥2,500
学生・大学院生 7日のみ ¥1,500
学生・大学院生 8日のみ ¥1,500

On sale until Jan 5, 2017, 12:00:00 AM

Venue Address
大阪市中央区本町橋2-5 Japan
Directions
大阪市営地下鉄「堺筋本町」駅から 徒歩6分
Organizer
DARS in OSAKA
29 Followers